妊娠中の便秘を解消するための情報サイト

benpiserapisuto

なりやすい理由

妊娠中に便秘になりやすい理由を徹底解説。便秘の理由を理解することで、自分にぴったりの解消方法をみつけよう。

投稿日:2018年6月1日 更新日:

妊娠中の便秘を解消する方法って、ちょっとググればいろいろ出てくるんだけど、結局どれが自分にぴったりなのかわからない。そもそもの便秘の原因がわかれば、じぶんに最適な便秘解消方法がみつかるんじゃないかなぁ・・・

こんなお悩みをお持ちの方のために、お答えいたします。

妊娠中の便秘には個人差があります。そのため、解消方法も個人差があり、一人の人に効果的な方法であってもそれがすべての人に当てはまるとは限りません。

便秘になりやすい理由を理解することで、自分にぴったりの解消方法を見つけることができますよ。

消化器の働きが弱くなる

まず一つの大きなの原因として、「消化器の働きが弱くなる」ということがあげられます。消化器は食物の摂取、貯蔵と消化、栄養素の吸収や、消化されなかったものの排泄を行う器官ですので、便秘と直接的にも関わり合いが深い要因になっています。

プロゲステロン(黄体ホルモン)による影響

消化器の働きを弱める要因の一つとして、『プロゲステロン』という黄体ホルモンの影響があります。この『プロゲステロン』は妊娠中に限った話ではなく、生理期間中の排卵期に増えるホルモンでもあり、私たち女性の体とは切っても切り離せない関係のホルモンです。

生理期間中は、妊娠の準備をするためのホルモンなので、妊娠しなかった場合はその後減少します。しかし、妊娠中はこの『プロゲステロン』増加するのです。そして便秘の一因にもなってしまうんですね。

妊娠中『プロゲステロン』は

  • 体全体の代謝を低くする
  • 妊娠のために、摂取した栄養を逃さないようにする
  • 赤ちゃんの成長のために、栄養を体内に貯め込む
  • 胃や腸の筋肉(消化器平滑筋)をゆるめて蠕動運動を鈍くさせる

といった働きがあります。

これらの要因で、消化器の働きが弱くなり、便秘が起こりやすくなります。

ストレスによる自律神経の乱れ

もう一つの要因として、ストレスを感じることによっても便秘を引き起こすことがあります。

人間はストレスを感じると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れます。妊娠中ですと、初めてのママも多いでしょうから、なおさらストレスを感じやすくなりますもんね。

ストレスを感じやすい時期であるため、必然的に交感神経と副交感神経のバランスが崩れやすい時期であるということができます。

ストレスを感じると交感神経が活発化し、緊張状態に。血流が悪くなり腸の活動が鈍ることにより、便秘が起こりやすくなります。

運動不足によるストレスと、腸の筋力の衰え

便秘の解消方法として、運動をすることがよくあげられます。

では、なぜ運動不足が便秘の原因につながってしまうのでしょうか?

まずひとつは前述した、交感神経と副交感神経のバランスが崩れやすい、ということに繋がります。運動をすることで副交感神経が活発化しますので、運動不足が続くと交感神経が活発化した状態が続く可能性があります。

もうひとつは、運動不足であることで筋力が衰えてしまい、便秘の原因となってしまう場合もあります。この場合の筋力は

  1. 腸の周りの平滑筋
  2. 腹筋

の2種類の筋肉が当てはまります。腸の周りの平滑筋は、腸のぜん動運動をおこすための筋肉であり、腹筋は便を押し出すための筋肉です。

胃の圧迫

子宮が大きくなるため

体内の水分量の減少

子宮内へ羊水を溜め込もうとする

便の原料の不足

つわりによる食欲不振での水分、食事不足

 

-なりやすい理由

Copyright© benpiserapisuto , 2018 All Rights Reserved.